経営で大切なことは何か

 

経営で大切なことはいろいろあります。私が一番大切にしてほしいのは、 “持続性:想い(目的)を実現できるように、活動を続ける” ことです。それは、いい会社が続くことで、社会がよくなるからです。
 

 

持続可能な未来をつくるために、何が求められるのか。

 

持続可能な未来をつくるために、 “環境や社会をよくすること” が求められています。それは今、社会や政治・経済・自然環境そして人との間に起こっている様々な問題から、私たちは不満・不信感を抱き、安心できなくなり不安になって、その不安から未来がみえなくなり、最後には未来がないと絶望していきます。環境や社会がよくなり未来へとつながり続けることが、持続可能な未来へとつながっていきます。
 

環境や社会をよくしていくためには、そして持続可能な未来をつくるためには、経営の持続性が必要となります。
 

 

経営の持続性がなければ、どのような影響があるのか。

 

環境や社会をよくするとは、今起こっている問題を解決し、よりよい未来を創っていくことです。そのためには、資金が必要となります。必要とする資金がなければ、問題解決や未来創造に投資することはできません。必要とする資金の財源に、会社の投資や公的支出があります。
 

経営の持続性がないと経営状況として減収減益に陥り、会社存続の危機の状態になります。存続できず倒産していく会社が増えると経済は悪化し、今を生きていくことでいっぱいになり、問題解決や未来創造に投資できる状態ではなくなります。また税収にも影響を及ぼし、公的支出も削減されます。
 

また、環境問題や社会問題を解決するための投資は、経営に大きく寄与します。環境対策費用を支出した結果、投資効果としてコスト削減につながり、削減費用をイノベーションなどの未来へ投資することができます。また社会をよくしていく社会貢献活動などの結果、会社への共感・信頼が生まれ、応援・支援へとつながっていきます。
 

このことから、「環境や社会にとって好ましいことが、経営にとって好ましい」といえます。更に、「経営にとって好ましいことが、環境や社会にとっても好ましい」と発想を転換することで、経営の持続性には大きな意味があります。
 

経営とは環境や社会そして未来への触媒にすぎず、経営の持続性には「健全化する」という役割があることを意識することが、経営にとって大切となります。
 


 

 

経営の持続性を維持するためには、なにが必要か。

 

それは、業績のフォローと経営の振り返りです。
 

多くの会社は、コンサルティング会社などから、いい会社になるための “経営を創る” 提案を受けます。いい信念を創り出せたからといって、業績があがるとは限りません。業績をあげながらいい会社であるためには、業績のフォローが必要です。
 

また、税理・会計事務所などから、 “業績をはかる” 提案を受けます。業績をあげればあげるほど成長を意識して、活動の前提であった信念から逸脱した経営をする可能性(リスク)があります。いい会社でありながら業績をあげるためには、経営の振り返りが必要です。
 

「○○して終わり」ではなく、「○○してから」の運用・フォローのプロセスこそが重要で、これは経営だけでなく、何事においても言えます。しかし、運用・フォローは黒子(裏方)の仕事で目立たず、何か目にみえる成果も表れず、多くの人が見落としがちです。例えば畑作業と似ています。土を耕す/作物を収穫するというカタチで見えることに目を向けがちですが、毎年美味しい農作物を収穫し続けるためには、カタチに現れにくく見えにくいことをし続けることが大切です。
 

 

経営の持続性を、どのようにしてサポートするのか。

 

以前レポートづくりについてのセミナー講師をした際、「持続性があるとはどのような状態か」をどう表現するかについて悩みました。直線から持続性があるとはいえません。思索する中で、直線の始まりと終わりがつながると持続性があることに気づきました。直線ではなく円の関係性(循環)を示すことができれば、持続性があると言えるのではないかと考えました。
 

持続性があるとは、始まりから終わりまでの “連続性” (目的 → 活動 → 結果)と、始まりと終わりの “整合性” (目的 ⇔ 結果)の2つがあることを示すことです。
 

連続性は業績のフォローで、整合性は経営の振り返りで確認することができます。そして、連続性を経営デザインで、整合性をブランディングで、経営サポートします。
 

詳しくは、 < サービス概要 > で説明します。