イノベーション② イノベーションという言葉があふれている

 

イノベーションという言葉から生まれた“違和感”と、違和感から生まれた“想い”を書き記していく。
 

言葉から生まれた違和感

 

安易に、イノベーションという言葉を使っていないだろうか。
イノベーションという言葉を、目に耳にしない日がどれくらいあるだろうか。
 

イノベーションという言葉を、よく目にするから、よく耳にするから、よく口にするから、気になっていたのかもしれない。毎日どこかで目にし、耳にし、口にする、「イノベーションを起こせ」、「イノベーションが必要だ」。これらの言葉に触れる度に、変な感覚があった。イノベーションは、日々起こるようなものだろうか。イノベーションは、身近に在るものだろうか。
 

私も半年前までは、安易によく使っていた。ビジネスにおける共通言語であり、挨拶のように使い使われている。中には、言葉の意味などを深く考えずに使っている人もいる。まるで最新の服を着るかのように使っている人もいる。言葉を使うことが、おしゃれでかっこいいかのように。
 

違和感が意識の水面に浮き上がると、違和感があふれだした。違和感の波が起こり、その波の上に立つ揺れから、頭が混乱していった。しかし、違和感の波にうまく合わせることで落ち着き、いろいろなものがみえてきた。みえていなかった/みていなかったものが、目の前に何度も顕れてみえた。みえたものから目をそらすこと/つぶることは、私にはできない。いつの間にか、みえたものの奥に在る何かに、好奇心がわいてきた。知りたいという知識欲が強烈に襲いかかってきた。
 

イノベーションという言葉が私たちの周りにあふれだし、イノベーションを起こすことが当たり前のようになっていないだろうか。イノベーションを起こすことは難しいにも関わらず、言葉を使うことで起こせるような気になってくる。イノベーションではないようなものまで、イノベーションだと呼んでいる。安易に誰でも使うから、イノベーションという言葉が軽くなってくる。イノベーションとつければ何かすごいことをしたかのような、錯覚すら起こす。いつしか、耳障りな薄っぺらい言葉に聞こえ始めた。
 

言葉があふれることが、いいのかよくないのかは正直わからない。いい面もよくない面も両方あるから、安易に判断はできない。いや、安易に判断してはいけない。判断すればその先を探ろうとしないから。
 

違和感から生まれた想い

 

イノベーションは安易に誰にでも起こせるものではない。そう思いつつ、別の想いがある。誰でも起こせるイノベーションがあってもいい“誰でもイノベーター”になれば、社会は、未来はきっとよくなるから。
 

違和感から生まれたジレンマのエネルギーと、好奇心から生まれた探究心のエネルギーが、私の内側にあふれだした。あふれつづける二つのエネルギーから、一般的に考えられるイノベーションと異なる、これからの社会に求められるイノベーションを考えてみたいと、スイッチが入った。二つの間を行き来しながら、その向こうに在る(なぜか在ると確信していた)何かに辿り着きたいと強烈に想い、思索の旅を始めた。いろいろな景色(前に通った景色や昔みた記憶のある景色など)と出会う旅だった。