【本の紹介】「流れを経営する」

 

いいタイミングで、いい本と出会いました。

著者の野口先生の考えと私が考えていることが近く、
非常に勇気をいただけました。
 

一番興味深かったのは、
みている景色(概念)は同じでも、みている場所(視点)が違うこと。
 

野口先生は西洋哲学からみた景色。
私は西洋哲学をベースに東洋思想からみた景色。
 

共通、共感、そして共鳴でき、何よりも参考になりました。
 

この本には、これからの経営にとって大切なことが書かれています。
ぜひご一読を。