「イノベーション」

  私たちはこの言葉を毎日どこかで、目にし、耳にし、口にします。
 

「イノベーションを起こせ」、「イノベーションが必要だ」

  この言葉を聞くたびに、次のような問いが浮かびます。

イノベーションがかえって、会社を疲弊させていないだろうか。
イノベーションを起こすことが、目的になっていないだろうか。
そしてイノベーションを起こせずに、悩まれていないだろうか。

 

疑問そして違和感から、私はイノベーションについて思索してきました。
 

「イノベーションとは、何か」

「イノベーションを起こし続ける組織(環境)を、どのようにすれば創れるのか」

 

この問いへの答え探しから、弊社 integrityのサービス「あらわす」が生まれました。
 

~ 想いをあらわす ~  『見えていない資産の顕在化』

「自分たち(会社)には何も無い。だから新たな何かが必要だ。」とよく言われます。
しかし本当に、 “ない” のでしょうか。
気づいていない/見えていない “在る” ものに目を向けることが、今大切です。

 

~ 価値をあらわす ~  『ブランディング』

「何かを創造することが重要だ」とよく言われます。
しかし本当に、 “創造しなければ” いけないのでしょうか。
何かの存在(価値)に気づき・発見することこそが、本当は重要です。

 

~ 経営をあらわす ~  『経営のアップデート』

イノベーションとは、「技術革新」「新機軸」とよく言われます。
しかし本来の、 “意味” は何でしょうか。
語源を遡るとラテン語「innovare」に由来し、意味は「リニューアルする」とあります。

 

「元々在った何かを創り直す」ことこそがイノベーションだと、私は考えます。
 

「弊社の経営サポートにより、貴社に変化が起こり、経営にお役にたてること。」
これが弊社の、喜びであり幸せです。

貴社の変化の “きっかけ” になるような、経営サポートをします。